下関マグロの“散歩生活”

下関マグロの“散歩生活”

東京の町を散歩します。散歩の途中で出会ったおいしい食べ物やおもしろいものを紹介します!

9月 12日

人工関節にしました! 歩ける喜び!

2021年の4月の終わりくらいだったか、散歩の途中に右股関節に痛みがあった。
その後、足を引きずるように歩いていたら妻から病院に行くように強く言われ、近所の整形外科を受診。レントゲンを撮ってもらったけれど、とくに異常は見られないということだった。
しかし、痛みはおさまらず、むしろひどくなっていく。
ただ日によっては全く痛くない日もあって、どうしたものかと思っていたら、バスでえのきどいちろうさんに会い、そのことを相談したら、痛みのクリニックがいいのではないかと紹介された。そこへ行ってみたが、解決はしない。
で、7月、妻がさがしてきてくれた病院で詳しい診察をしたら大腿骨頭壊死症だと診断された。で、その病院で人工関節の手術を受ける予定だったのだが、まあ、いろいろあり、怖くなって手術はキャンセル。
でも、どこか病院にかかろうかと、世田谷区にある玉川病院を受診。こちらではすぐに手術とは言われなかった。とにかく様子を見ようということで、通院をしていたのだけれど、2022年3月、右足だけに痛みがあったのだけれど、いよいよ左足も痛くなり始めた。診察してもらうと左側も大腿骨頭壊死症だということで手術を決意。
で、2022年5月に人工関節置換手術をした。
術後、入院してリハビリなどをして、6月には退院。
すぐに歩けるようになるのかと思ったけれど、そんなことはなくて、なかなか長い距離は歩けない。というのも、それまで足を引きずったり、杖をついて歩いたりしていたし、手術後は入院してほぼ歩かない生活だったので筋力が衰えてしまったのだ。だから少し歩いただけでも疲れる。退院してすぐは杖がなければ不安で、歩く距離も1kmくらい歩けば、疲れてしまっていたわけだ。
杖はほどなくつかなくてもよくなったのですが、歩ける距離はなかなかのびない。
毎朝、妻の出勤について行くことがこれまでの習慣で、足が痛くなっても引きずってなんとか歩いていたのですが、手術の1ヶ月前くらいになると歩く速度が遅くなり、ついていくのをやめていました。で、術後にそれを再開したわけだが、なかなか距離が伸びないねの。途中まで一緒に歩いて引き返していたわけだけど、退院から2周間ほどで鶯谷駅まで歩けるようになった。自宅から2kmほどあるかな。しかし、帰りがけっこう大変で足が重くなってしまう。往復しても足がつかれなくなったのはまだもっと先。
で、先日やっと1日の歩行距離が1万歩を超えた。ドラクエウォークの歩数計だけどね。
Screenshot_20220906-211001_DQ


この日、まずは自宅から鶯谷駅を往復。
午後に北上野にあるクリニック。ここは定期的に行っていて、薬の処方箋をもらいにいっているようなところなのだが、実は最初に人工関節置換手術をすると言ったら、もう少し先のほうがいいとアドバイスしてくれた。
そこから、以前よく行っていた下谷神社の近くにある魚正という魚屋さん。実は術後もこのコースで歩いたのだけれど、魚正さんに行ったところで力尽き、帰りはバスに乗ったという経験がある。
だけど、今回はその後もドラクエウォークしながら歩く。以前、Ingressという位置情報ゲームをやっていたころ、元浅草あたりをよく歩いたものだ。なんだか懐かしいね。
Fb9BkV4aQAM2L8d

と、目の前にあらわれたのが浅草開化楼。ああ、このあたり以前はよく歩いていたよ。ああ、こんなところまで歩けるようになったのかと感慨ひとしお。。。。



5月 4日

屈指の中密地帯、堀切菖蒲園を行く

京成線の堀切菖蒲園駅周辺は東京でも屈指の中密地帯であります。
SN3D0213

昔からいらっしゃるお地蔵様が今もいらっしゃってホッとしますね。
改札を出ると、見えてくるのが、三河屋さん。1928(昭和3)年創業です。堀切菖蒲園駅ができたのが1931(昭和6)年なので、駅ができる前からあったんですね。現在は4代目が切り盛りされています。
20220502_124555

三河屋さんの向かいにあるのがタカノ。タカノは椎名町や新高円寺なんかにもあってなかなかの人気。こちらのタカノも堀切菖蒲園駅も人気ですね。創業が1977(昭和52)年。少し前まで24時間営業でしたが、夜部門の方が独立され、下町中華 樹(きいち)を創業されました。なので、タカノも現在は24時間営業ではなく23時には店を閉めているようです。
20220428_130318

タカノの先には来集軒があります。
20220506_124603

黄色いテントがなんとも言えませんね。


先ほどのお地蔵様がいらっしゃった葛892号線の先に美山亭があります。
20220425_124735

こちらは老夫婦が切り盛りされています。
京成線の線路沿いを駅から行けば、長門があります。
20220427_130116


どれも個性的なお店ばかりなので、全部行ってみたくなりますね。
4月 20日

ラーメン食べて、大塚駅から鶯谷駅まで歩きました!

大塚で友人の北尾トロと会い、おしゃべりして別れ、巣鴨ぐらいまでふらふら歩こうかと思ったのですが、少し歩いて、トイレに行っておこうと駅まで戻りました。ところが、以前あった公衆トイレがなくなっていました。よく探してみると、少し離れた場所に新しくできたトイレがありました。しかし、ホープ軒の場所は昔と変わっていません。

IMG_20210409_122921315


どうしてもホープ軒が気になり、戻って食券を買ってしまいました。せっかく大塚に来たのだから、やはり食べておこうと思ったんですよ。
IMG_20210409_123152497



中華そば、700円をポチッ。少し高くなっているのかな。前はもう少し安かったように思います。客は男性ばかりだけど、けっこう流行っていますね。年齢層が広いのも特徴ですね。若い人はトッピングをあれこれしてます。自分と同じ年齢の人が席を立ったので、そこへ着席。カウンター席はアクリル板で1席ずつ仕切られています。食券を渡しました。というか、食券制になったのね。
ホープ軒というと、千駄ヶ谷のお店が有名で、自分も千駄ヶ谷に行くと、よく行っていました。しかし、かなり昔、千駄ヶ谷に北尾トロらと事務所を構えていた時分はホープ軒のすぐ近くにあったコタンという北海道ラーメンの店によく行っていました。昭和の終わりごろですね。当時はまだホープ軒の脂ギトギトのラーメンには馴染めなかったのですね。
ちょうどそんな時期にこちらのホープ軒へうかがうと、けっこうマイルドで気に入りました。立地がJR山手線と都電荒川線の乗り換えの場所にあって、寒い冬とかちょっとあったまる気分でラーメンを食べたのを思い出しました。そんなことを思っていると、着丼です。

IMG_20210409_123403489


これこれ。これやぁ。細麺がいいね。あったまるぅ。ひと口食べて、変わらない味になんだかホッとしました。カウンターの中で働いているのは若い男性たち。活気がありますね。

というわけで、ごちそうさまと席を立ち、山手線沿いに歩き始めます。
IMG_20210409_124956081


昔、何度も歩いた山手線沿いの道。
懐かしくて一駅だけのつもりがずんずん歩いてしまいました。
駒込から田端へ向かうところにある踏切も相変わらずゴルフボールのオブジェがありますね。

IMG_20210409_132929540


懐かしくてついつい自宅のある鶯谷駅まで歩いていました。それにしても山手線沿いを歩く散歩をしていたころ、自分が鶯谷駅に住むなんて思ってもいませんでしたよ。久しぶりに歩くと、かなり疲れました。


プロフィール

下関マグロ

記事検索
楽天アフィリエイト
アマゾンウイジェット
このブログについて

その道のプロ「シェルパ」が未知の世界へご案内。

Sherpa Blog
藤本 健 の“DTMステーション”
 
南 樹里の“シネママニエラ”
 
 
 
 
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ