下関マグロの“散歩生活”

下関マグロの“散歩生活”

東京の町を散歩します。散歩の途中で出会ったおいしい食べ物やおもしろいものを紹介します!

1月 30日

いまのところ、ナンバーワンの町中華「日の出中華」

昨年のはじめから、ずっと町中華を食べ歩いている。
町中華というのは、街中にある中華料理屋で、どこかノスタルジックなお店だ。
創業は昭和であるほうがいい。
そして、ここが重要なんだけれど、
中華料理屋さんなんだけど、食堂みたいにいろんなメニューがあること。
かつ丼とかオムライスとか本来の中華料理屋さんにはないものがあるのが望ましい。


で、先日、これまで行った町中華でナンバーワンに遭遇した。
いや、その存在は以前からずっと知っていて、やっと行けたというのが正しい。

日の出中華



今回は、町中華の北尾隊長、増山隊員とともに3名でうかがったんだけど、とにかくね、メニューがすごい。
日の出中華


で、北尾隊長はかつ丼、僕がタンメン、増山隊員はオムライスを注文。
まずかつ丼がやってきた。

かつ丼@日の出中華




続きを読む

1月 29日

浅草の偕来さんという町中華、今月いっぱいだそうだ

偕来

また、町中華が消えるという悲しいニュースだ。

浅草にある偕来さん。

偕来


ペンギンがラーメンを食べている看板が目印。

偕来


スタミナラーメンを注文した。

続きを読む

1月 24日

志乃多ってなんでしょう?

四谷に8年ほど住んでいたんだけれど、しんみち通りを抜けた左側に
「志乃だ寿司」というのがあって、最初は普通の寿司屋だと思っていたんだけれど、
ちょっと中をのぞくと、普通の寿司屋のようには見えない。
表のガラスケースを見て、稲荷寿司と干瓢巻きの詰め合わせをテイクアウト専門の店だと思った。

いつか、あそこで買ってみようと思いながらも早稲田に引っ越してしまった。

で、その後、高須基仁さんの忘年会にうかがったときに、稲荷寿司と干瓢巻きの折り詰めをいただいて食べた。つゆだくの稲荷寿司がけっこうおいしかった。

しかし、探してみるとこういうタイプのお店は東京にはけっこうあった。

浅草にも志乃多寿司がある。あちらこちらにあるが、チェーン店ではないのようだ。
「しのだ」あるいは「志乃多」「志乃だ」とかって、稲荷寿司のことなのね。

浅草志乃多寿司


店内に入ると、テイクアウト専門店で、すべては稲荷寿司と干瓢巻きの組み合わせのみ。
「まぜ6コ」540円をいただく。

浅草志乃多寿司


で、買ってきましたよ。いちばんちいさいやつ。

浅草志乃多寿司


さっそくいただきましょう!

続きを読む

livedoor プロフィール
記事検索
楽天アフィリエイト
アマゾンウイジェット
このブログについて

その道のプロ「シェルパ」が未知の世界へご案内。

Sherpa Blog
藤本 健 の“DTMステーション”
南 樹里の“シネママニエラ”
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ