昨晩残ったビーフシチューをご飯にかけて食べ、家を出たのが、お昼過ぎ。
靖国通りは、新宿民主商工会の小規模なデモが行われていた。
地震のあった日


四谷図書館で本を返却。さらに赤坂図書館まで歩き、こちらも本の返却。
柳田に寄って、刺身を買って、帰宅。

マンションまで戻ってきたら、建物から多くの人々がものすごい勢いで中から出てきて、
マンションを見上げている。
一瞬、火事なのかと思った。が、地面が揺れているので、地震だとわかった。
通りすがりのご婦人が、僕の腕にしがみつき、「怖いよぉ」と言う。「大丈夫、大丈夫」と言いながらも、
本当に大丈夫なのかよくわからない。スマートフォンより、Twitterを見る。地震であることを確認。

エレベーターは止まっているので、階段であがる。
部屋にはいろんなものが散乱している。少し片付け、メールなどを送る。
その間も地震がきて、部屋がゆれている。
『JG』の取材があるため、編集部まで行く。
途中、こんなに人がいるのかというくらい多くの人が道にいた。
花園小学校のグランドには避難場所になっているため、ここも人であふれている。

花園小学校のグランドに編集の赤木君、カメラマンの長谷川がいた。
とりあえず、取材先の「ROMANA」へ行ってみる。
なんとか取材。
新宿御苑前の道は人が歩き始めている。
ご婦人から「四ッ谷駅はどちらですか」と聞かれる。
道を教える。

ワニマガジン社の佐藤くんと打ち合わせの予定。
取材が終わったらメールするということだったが、
メールが不通になっているようなので、
ワニマガジン社まで行ってみる。
新宿通りを歩く人がどんどん増えている。
内藤町には外壁が少し落ちている家があった。
いつもならオートロックで閉められているワニマガジン社の玄関は開け放たれている。
ここもエレベーターは止まっている。
4階の編集部まであがる。
みなさん、無事のようだ。

佐藤君と新宿通りのグレースへ。
四谷四丁目の交差点はさらに歩く人々が増えている。

地震のあった日 四谷四丁目の交差点


グレースはほぼ満員。
佐藤君と打ち合わせをするものの新宿通りを歩く人はどんどん増えている。
何度か地震で揺れた。

地震のあった日


靖国通りは新宿通りよりもさらに多くの人が歩いていた。
こんなにもたくさんの歩く人を見たのは初めてだ。
電車のないときの東京、江戸はこんなかんじだったのかと、なんとなく思う。