散歩の途中でおかしな店名を見つけることもある。
たとえば、こんなことが書かれていた。

裸になる準備


あるときこんな看板を見つけて何事かと思ったら、
「ラーメン裸」というお店だった。行こう行こうと思いながら、なかなか行けず、
昨日、意を決して店の前までいたら、こんな貼り紙。

ラーメン裸


お休みだった。

散歩の途中で見つけた変な名前の店で最近は
「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。」
という店名のお店がある。

なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。


最初に見たのは、開店から2日目で、開店とこの日は、
半額セールをやってたようだが、それも終えて店じまいをしていたのだけれど、
店頭で割引券をもらった。
なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。割引券。

やっと先日行くことができた。
店の名前や割引券からして、神谷町の「そば処港屋」さんのようなものを想像しながら訪問。

店内で、割引券が使えるか聞くと、
あとから返金してくれるのだそうだ。

券売機で最初にあるのは「肉そば」。
大、中、小とあるが、どれも同じ750円。
迷うも、中にする。
食券と割引券を渡すと50円戻してくれた。

で、出てきたのはこれ。
なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。肉そば



なるほど、やはり「そば処港屋」だ。
食べてみて、さらにそう思った。
「そば処港屋」 肉そば


最初は何も感じないのだけれど、食べ終わる頃には辛さを感じる。
あとから来たお客さんが「ラー油少なめで」と頼んでいた。
ラー油は好みに合わせて、自分で入れられるといいのにと思った。

けっこう太く、コシの強い蕎麦はクセになりそう。
中だと量がちょっと足りないかんじがしたけれど、
隣の若者が大だったが、それだと多いかんじ。

しかし、なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。という店名。
さっきも言ったように、「ラー油を入れるのは自由」にしたらいいかなと思った。
なぜなら、ラー油が入っていなくても十分に美味しいからだ。