下関マグロの“散歩生活”

下関マグロの“散歩生活”

東京の町を散歩します。散歩の途中で出会ったおいしい食べ物やおもしろいものを紹介します!

つけ麺

2月 1日

つけそば 丸長 目白店で小鉢をいただきました

ここはオールアバウトのプロデューサーだったEくんに教えてもらったお店で、
今も時々くるんだよね。
毎日、行列がすごいけど。。。

散歩の途中に見たら、行列が短かったので並んでみる。11時22分。

つけそば 丸長 目白店


前には4人。後ろに椅子が置かれてて、はこんなのがあった。
つけそば 丸長 目白店

ここからは歩道の反対側のポールから並ぶのね。
つけそば 丸長 目白店

ポールはこんな感じで、近隣に迷惑になるので、飲み物などのゴミは店で預かるので、捨てないようにとある。捨てちゃう人いるんだね。なんだか大変そう。列が進むと、メニューが見えてきた。
メニュー@つけそば 丸長 目白店

僕はメニューには載っていない、小鉢を注文。
チャーシューやさいつけそばの小さいやつね。普通だとけっこう量がすごいから。
店内に入って注文すると、すぐに出てきた。11時36分。

続きを読む

12月 22日

目白にきたらどうしても行きたくなる「つけそば丸長」

ある町に行くと、どうしても行きたくなる店というのはないだろうか。
僕はいくつかある。
先日、副都心線の鬼子母神前駅あたりに用事があった。
用事を済ませ、ちょっと散歩しようかと
明治通りと目白通りを交差する千登世橋の上から、
都電荒川線などを撮影。

都電荒川線


ここから見る荒川線の電車はなかなかいい。

千登世橋というのは川にかかる橋ではなく、
明治通りを目白通りが跨いでいる橋だ。
橋の上より、明治通りの高田馬場方向を臨むとすっかり秋から冬の気配だ。

千登世橋



ふと、ここって、JRの目白駅が近いなと思いついた。
目白といえば、あそこだ、「丸長」だ。
そう思い立ったら、目白通りをひたすら目白駅方向へ歩き始めていた。

目白駅を通り過ぎ、さらに歩くと、行列のできているお店がある。
それが「丸長」である。
看板には、○に「長」という字が入っている。読み方は「まるちょう」である。

丸長


なぜここのつけそばが無性に食べたくなることがある。
なぜかといえば、独特の味わいであり、ほかでは食べられないからだ。

到着したのは12時少し前。
運よくほとんど並ばずに入店。
「小鉢、まだありますか?」
と聞くと、あるとのことで、ホッ。
それをもらう。メニューにはないけれど、
「チャーシュー野菜つけそば」
をちょっと小盛にしたものだ。
普通のだと、もう僕の年齢では量が多すぎて、食べられない。
小鉢がちょうどいいのだ。
値段は千円。

丸長 小鉢


「チャーシュー野菜つけそば」は12時過ぎにはなくなっている。
小鉢もそうだ。
中にはたっぷりの小さく刻まれた野菜にこれまた小さく刻まれたチャーシューがたっぷり。
つけ汁は辛味があり、酸味があり、甘みもあるというちょっと不思議な味。
かなりジャンクな味わいなのだが、長年この味でやってきたというのが、なんだかすごい。
最後はつけ汁にスープを入れてもらって飲む。
外に出たら、5人ほどの行列ができていた。

続きを読む

7月 20日

高田馬場のあの有名店まで散歩した


DSCF8591夏というのは一年のうちでもいちんばん散歩に適さない季節だといっていい。戸外に立っているだけでも大変だ。 そこで、日陰が続く場所を選んで散歩したい。
日陰が続く場所といえば、下街などがそうだ。冷房なども効いていて、歩きやすい。


しかし、まあそれもいいのだが、できれば地上
DSCF8589
を歩きたいというときには、東京なら桜並木のある場所がいい散歩コースになる。川沿いなら風が通り、なお良い。
桜というとどうしても春の散歩だと思いがちだが、夏は日差しを遮ってくれるのでけっこう快適だ。これが秋になり冬になると葉が落ちる。となると日差しが差して暖かくなる。すなわち桜のある場所というのは、一年中散歩者と相性がいいのである。
さて、桜並木のある川といえば、目黒川や神田川を思い浮かべる。今回は後者を歩いてみることにした。

DSCF8534というわけで、出発する駅は東京メトロ有楽町線の江戸川橋駅。 駅の改札を抜け、地上に出るとすぐに神田川がある。
神田川沿いに江戸川橋公園が続いている。花の咲く季節、この川沿いの道は人でいっぱいになるのだが、夏の昼間は歩いている人はほとんどいない。時折、走っている人と遭遇するくらい。
歩いていると、日差しは遮られいい風が吹いてくる。江戸川橋駅からスタートし、椿山荘を通り過ぎると、関口芭蕉庵がある。さらに新江戸川公園などがある。このあたりから新目白通り方向に出れば、都電荒川線の早稲田停留所がある。今回はもう少し先ヘ進もう。神田川は明治通りに突きあたる。そこが高戸橋。この先、高田馬場駅へ向かう川沿いに「べんてん」といういつも行列のできているラーメン店がある。そこへ寄ろうかと思ったが、この日はお休み。高田馬場駅を越えて「俺の空」まで行くことにした。
DSCF8514

早稲田通りを高田馬場駅を左に見て通り過ぎ、ひとつめの道を左に曲がる。山手線の線路沿いを新宿駅方向に歩けば、行列があるのですぐにわかるはず。行列がな
DSCF8518
ければ青い暖簾が目印。ここで僕は「浸け豚そば」800円を食べた。暑い日に熱いラーメンもいいが、この日はつけ麺にした。
旨い!

今回のコースの地図はこちら→
 
livedoor プロフィール
記事検索
楽天アフィリエイト
アマゾンウイジェット
このブログについて

その道のプロ「シェルパ」が未知の世界へご案内。

Sherpa Blog
藤本 健 の“DTMステーション”
南 樹里の“シネママニエラ”
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ